パイとは・・・

一枚一枚、生地と油脂が折り重ねられ、手間ひまかけて出来上がるその逸品は、
決して主役ではなく、「究極の黒子」である。
ときにはアップルパイに、ときにはミルフィーユに。
今度はタルトになったかと思ったら、焼きパイ菓子に。
変わり身の早いやつだけど、だれとでも仲良しで、
なぜか憎めないし、いつだって美味いことに変わりはない。
パイは、世界各地で食べられ、愛され、幸せをもたらす。
まさに「幸福、口福の象徴」だ。
だからいつの時代も変わらず人々の口に福をもらたすパイを応援してみようと思った。
けどこの美味しいパイを独り占めするのはもったいない。
パイを食べ尽くすには、時間と仲間が必要だ。
愛らしい人たちのパイラブ団体。

そんな日本パイ倶楽部、
Japan Pie Association、2015年5月29日にスタートしました。

日本パイ倶楽部のウェブサイトはこちら